みんなの借入体験談

借入と一口に言っても住宅ローンや自動車ローンなどの担保付きローンやカードローンやキャッシングサービスなどの無担保ローンまで様々な種類の借入の種類があると言えます。

一般的にカードローンやキャッシングなどにはマイナスイメージがある一方住宅ローンや自動車ローンなどにはネガティブなイメージはなく、むしろ立派なものであるとみなされる傾向にありますね。

その要因は様々ありますが、カードローンに代表される無担保ローンは金利が高い点や銀行よりもかつてはサラリーマン金融、現在では消費者金融のイメージが強いというのが最大の理由でしょう。

近年ではみずほ銀行や三井住友銀行などの大手都銀や千葉銀行などの地方銀行、楽天銀行などに代表されるネット銀行などのカードローンおよびキャッシング分野への参入が目立ち、銀行の売り上げに占める割合が年々増加しています。

実はそれらの銀行カードローンのほとんどは消費者金融などの貸金業者が保証会社を担当しており、中身はほとんど消費者金融のそれとは変わらないという実態もあります。

ほとんどというのは、大きな部分では違いがあるからです。

銀行と貸金業者ローンの違い

最大の違いは何といっても「総量規制」の問題でしょう。

2010年の改正貸金業法完全施行において年収の3分の1を超える貸付を禁止する通称総量規制がもうけられました。

これにより基本的には年収の3分の1を超える借入を行うことはできなくなった訳ですが、そうなると多くの方はあれ?と思うはずです。

なぜなら、住宅ローンや自動車ローンなどは数百万から数千万レベルに及び、年収の3分の1どころか年収の10倍ということも珍しくないからです。

この点に関していうと、総量規制には「除外」と「例外」という規定があるため、不動産や自動車などのローンには総量規制の内側であるが、例外として扱うということになっています。

また、総量規制の規定はあくまで貸金業法による規定ですので、消費者金融、信販会社、クレジット会社という貸金3業種と呼ばれる貸金業者だけがその対象となるため、メガバンクをはじめとした都銀や第一第二地方銀行、そしてネット銀行のサービスにおいてはその対象となりません。

つまり、アコムやプロミスなどの消費者金融の借入は年収の3分の1以下でなければならない一方、それらが保証会社を務める三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行のカードローンにおいてはなんら規制がないことになっています。

借入金額及び借入金利はどうやって決まる?

 

消費者金融のカードローン金利は上限が18%前後、銀行のカードローン金利は15%前後、対して住宅ローンの借入金利は3%なら高めで2%前後ぐらいが相場と言えます。

なぜこれほどまでに違いが出るのでしょうか?

答えは単純に、借入金利は回収のリスクと相関関係があるからです。

1:何も知らない人に無担保で10万円貸す

2:資産1000万円持っている人に無担保で100万円貸す

3:資産3000万円ある人に資産3000万円を担保に1000万円貸す

どれが一番回収リスクが高いでしょうか?

ダントツで1番目の全く知らない人に無担保で10万円貸すですね。

むしろ普通なら貸さないと思いますし、回収できるかどうか未知数です。

ダントツで回収リスクが低いのは3番目の担保のある貸付になりますね。もしも貸した分が返済できなければ担保となっている資産において回収が可能ですのでリスクは非常に少ないと言えます。

回収できなければ損をするリスクの高い貸付は金利を高く設定し、リスクの低い貸付には金利を低めに設定するのが貸付の基本と言えます。

カードローンやキャッシングにおいては無担保でかつ信用状態の判然としない貸付を行うことが多いため借入金利は高くなり、住宅ローンなどでは不動産の資産価値が高く回収リスクも高くないため金利は低くなります。

また、無担保による貸付においても借入をする人の信用度が高ければ借入金利は下がっていきます。

カードローンやキャッシングの借入審査はクレジットカード審査に似たスコアリングシステムを採用していることがよく知られており、年収や勤務先情報などと言った情報によるスコアリングの高さによって借入の上限額や借入金利が変わってきます。

この点においては「カードローン借入審査.net」というサイトに詳しく記載してあるため、無担保借入を検討している方は御覧になられるのが良いと思われます。

消費者金融などではスコアリングシステムを機械によって算出するため借入審査の速度が非常に速く、インターネットを介して申込をすることで即日融資などもある一方で住宅ローンなどの審査は審査担当者との対面が基本で、数週間単位なら早い方で、数か月ほど審査に時間がかかることも珍しくはありません。

元々銀行は担保つきの大型融資は得意である一方個人向けの小口融資を得意としてはいなかったため、スピード審査などにはむいておらず、地方銀行などのカードローンサービスの中には関連会社が借入審査を行うために審査に時間がかかることがある一方アコムが保証会社となって提供しているスマートネクストなどのレーベルにおいては最短即日融資が基本となっています。

また、そういった自社の関連会社が借入審査を担当する場合にはカードローンと住宅ローンが連動しているサービスもあり、該当地方銀行サービスで住宅ローンの借入をしているとカードローンの金利が2%下がるなどの優遇措置を採用している金融機関も存在しています。

借入を行う際にはその金融機関がどういったサービスを提供しているか比較検討した上で行うのがよいと思われます。